/

韓国地方選、与党が勝利 主要首長選で12勝5敗

(更新)
think!多様な観点からニュースを考える

【ソウル=甲原潤之介】韓国で地方自治体の首長などを選ぶ統一地方選は2日朝、大勢が判明した。全国の主要な17の市・道の首長選のうち、保守系与党「国民の力」が首都ソウルや釜山などを押さえて12勝した。革新系野党「共に民主党」は5勝にとどまり、3月の大統領選に続き敗北を喫した。

投票は1日に実施され、2日も開票作業が続いている。5月に発足した尹錫悦(ユン・ソンニョル)政権にとって初めての大型選挙で、与党勝利は今後の政権運営の追い風になる。

ソウル市長選は与党現職の呉世勲(オ・セフン)氏が再選を果たした。共に民主党の前代表、宋永吉(ソン・ヨンギル)氏を得票率で20ポイント近く引き離した。

与党は首都圏のソウルと仁川、保守地盤の大邱周辺に加え、北東部の江原道や中部の忠清道にも勢力圏を広げた。野党は支持基盤の全羅道以外の地域では勢いに欠いた。

最大の激戦区となったソウル近郊の京畿道は結果の判明が2日朝までもつれこんだ。野党候補が僅差で当選し、与党による首都圏独占を阻止した。

国民の力の李俊錫(イ・ジュンソク)代表は1日深夜、「国民の審判がどれだけ大事かをよく考え地方行政に臨みたい。国民が望む尹政権の成功のために皆で走りたい」と話した。

※掲載される投稿は投稿者個人の見解であり、日本経済新聞社の見解ではありません。

  • この投稿は現在非表示に設定されています

    (更新)
    (0/300)
(0/300)
投稿内容をご確認ください
投稿チェック項目誤字脱字がないかご確認ください
投稿チェック項目トラブル防止のため、記事で紹介している企業や人物と個人的つながりや利害関係がある場合はその旨をお書き添えください
投稿チェック項目URLを投稿文中に入力する場合は、URLの末尾にスペースか改行を入れてください
詳細は日経のコメントガイドラインをご参照ください

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン