/

この記事は会員限定です

中国、モノ・サービス価格の監視強化 消費者保護全面に

(更新) [有料会員限定]

【北京=川手伊織】中国の規制当局がモノやサービス価格への監視を強めている。中国電子商取引(EC)最大手のアリババ集団などを対象にインターネット通販での不当な価格操作を禁じたほか、マスクなど医療品や食料加工品、航空券などの価格にも目を光らせる。消費者や零細企業の保護をアピールする狙いだ。贈答品などとなる高級「白酒」の価格監視強化は、共産党員や官僚の綱紀粛正の思惑もありそうだ。

中国共産党は2020年...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1280文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン