/

マレーシア、エリクソンと契約 5Gのインフラ整備

エリクソンはシンガポールでも5Gの主要機器の供給を担う=ロイター

【シンガポール=中野貴司】マレーシア政府は1日、高速通信規格「5G」のネットワーク整備や運営を担うパートナー企業にスウェーデンの通信機器大手エリクソンを選んだと発表した。中国の華為技術(ファーウェイ)も入札に招かれたと伝えられていたが、最終的には選ばれなかった。

マレーシアはまず2021年末までに首都クアラルンプールや行政機能が集まるプトラジャヤに5Gを導入し、24年までに人口の8割が住む地域に5Gを行き渡らせる計画だ。エリクソンはシステムの設計やネットワークの開発・運営など基幹業務を請け負う。今後10年間にかかる総費用は110億リンギ(約2900億円)に上る見通しだ。

地元紙ザ・エッジによると、入札にはエリクソン、ファーウェイ、フィンランドのノキアなど8社が招かれていた。マレーシア政府は選定の経緯の詳細を明らかにしていないが、「厳格な入札」の結果だと強調している。20年2月まで首相だったマハティール氏が在任中にファーウェイの技術を「可能な限り利用したい」と述べるなど、マレーシアは中国企業への警戒を強める米国などとは一線を画する姿勢を示していた時期もあった。

隣国のシンガポールでも、5Gの主要機器を供給するパートナー企業にエリクソンとノキアが選ばれている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

5Gとは
現行の「第4世代(4G)」の最大100倍の速さの次世代通信規格。毎秒10ギガ(ギガは10億)ビットの最高速度はアナログ方式だった1980年代の第1世代の100万倍。2時間の映画を3秒でダウンロードできる。米国と韓国の通信大手が世界に先がけて商用サービスを始めた。

1Gから4Gへの進化は主に速さの向上だった。5Gは「多数同時接続」「超低遅延」という特徴が加わる。たとえば自宅で約100個の端末やセンサーを同時にネット接続できる。利用者が通信の遅れを意識することは格段に減る。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン