/

この記事は会員限定です

インドのタワマン、住商や丸紅が日本流営業 

[有料会員限定]

【ニューデリー=馬場燃】日本の総合商社が開発した超高層マンションが相次いでインドに進出している。住友商事は首都ニューデリー郊外、丸紅も商都ムンバイで販売を始めた。日本のタワマン開発で培ったノウハウを取り入れ、内装をイメージしやすい物件案内や顧客データを重視したセールスを展開する。台頭する中間層をターゲットに巨大なインド市場に挑む。

「あちらがプール、こちらがレストランになります」。住商がニューデリーに隣接する...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1183文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン