/

タイのデモで初の死者、心臓まひの警官

【バンコク=時事】タイのバンコクで2月28日午後から夜にかけ、民主化や王室改革を要求するデモ隊と警官隊が衝突し、警察は1日、警官1人が心臓まひで死亡したことを明らかにした。昨年始まった反政府デモで死者が確認されたのは初めて。警察は一連のデモで初めてゴム弾を使用し、鎮圧に当たった。

救急当局によると、このほか警官26人、デモ参加者10人が負傷し、病院に搬送された。警察はデモ隊の22人を暴行や器物破損の疑いで拘束した。

デモ隊はバリケードを突破し、警官隊に向けて石やペットボトルを投げ付けた。警察高官は「攻撃を受けたのは警察側。ゴム弾の使用は適切だった」と強調した。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン