/

この記事は会員限定です

豪で「ビーガン」増加 スーパー、専用商品拡充

ASIAトレンド

[有料会員限定]

肉だけでなく乳製品や卵など、動物性食品を一切食べない「ビーガン」(完全菜食主義者)がオーストラリアで増加している。ビーガン向け食品市場は拡大し、専門店だけでなく全国チェーンのスーパーにも植物原料で作られた「ソーセージ」などがならび、専用の棚も設けられている。

シドニーに住むスージー・ハーダーさん(62)がビーガンになったのは11年前だ。家畜の飼育を巡る映像を見て心を痛め「即座にビーガンになると決め...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り821文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン