/

この記事は会員限定です

中国、ミャンマー通じガス・原油調達 軍側ともパイプ

[有料会員限定]

【北京=多部田俊輔】中国政府はエネルギー安全保障上の観点からミャンマーを重視する方針を変えないとみられる。米国の影響力が強いマラッカ海峡を経由せずに、中国石油天然気集団(CNPC)がミャンマーからパイプラインを使って天然ガスと原油を輸入しているからだ。

中国国営の新華社によると、ミャンマーにある中国大使館は1日、現地の中国企業に「驚き慌てることなく、緊急事態に備えるように」との通知を出した。中国は...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り653文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン