/

「香港民主の父」に有罪判決 2019年の無許可集会で

1日、裁判に臨む香港民主派の李柱銘氏㊧と何俊仁氏=ロイター

【香港=木原雄士】香港の裁判所は1日、2019年8月に行われたデモをめぐり、「香港民主の父」と呼ばれる李柱銘(マーティン・リー)氏や香港紙創業者・黎智英(ジミー・ライ)氏ら7人に違法集会を組織・参加した罪で有罪判決を言い渡した。量刑は16日にも言い渡される。

有罪とされたのは「逃亡犯条例」改正案をめぐる19年8月18日のデモ。主催者発表で170万人が参加した。警察は当日のデモ行進を認めなかったが、多くの若者や家族連れが香港島中心部の幹線道路を歩いた。天安門事件の追悼集会を長年主催する民主派団体の李卓人氏や何俊仁氏も有罪となった。

7人は中国共産党に批判的な立場を取りつつ、香港独立などは主張しない穏健民主派の代表的な存在だった。中国の官製メディアは李柱銘氏や黎氏について、香港にトラブルをもたらす「四人組」として繰り返し批判していた。今回の有罪判決で自由な政治活動の余地はますます狭まった。

李柱銘氏は中国返還前に香港基本法の起草委員会にも参加した重鎮。同氏は19年の大規模デモが始まる直前に日本経済新聞のインタビューで「なぜ中国の人々は自由を享受できないのか。人々に自由がない偉大な国などあり得ない。中国に民主主義は必ず来る」などと語っていた。

これまでに19年の大規模デモをめぐり1万人以上が逮捕された。香港紙・蘋果日報(アップル・デイリー)を創業した黎氏は香港国家安全維持法違反罪にも問われており、複数の裁判が進行中だ。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン