/

この記事は会員限定です

「一帯一路」首脳会議、見送りで調整

新型コロナで招待難しく

[有料会員限定]

【北京=川手伊織】中国は広域経済連携構想「一帯一路」の首脳会議の開催を見送る方向で調整に入った。2017年5月と19年4月に開き、隔年で21年春も開催するかが関心を集めていた。世界的に新型コロナウイルスが収まらないなか、首脳級を集めての開催は難しいと判断した。

複数の関係者が明らかにした。開催を見送る最大の要因は新型コロナだ。ワクチン接種は世界的に見れば始まったばかりだ。接種者を対象に入国時の隔離...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り489文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン