/

この記事は会員限定です

[FT]仏極右ルペン氏、国を融和する政権樹立呼びかけ

[有料会員限定]

来年のフランス大統領選に向けた仏世論調査で、現職のマクロン大統領と支持率が拮抗している極右政党「国民連合」のマリーヌ・ルペン党首は、大統領に当選した際には国を融和する政権を樹立し、英国のジョンソン首相のように左派と右派双方の有権者からの支持を集めることに意欲を示した。

ルペン氏が国内外での経済政策の実績に欠けることを踏まえ、大統領に当確した場合、経済相に誰を任命するかとの質問が出たが、これに対して...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2333文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン