/

この記事は会員限定です

香港裁判所、民主派47人の保釈巡り審理 国安法で初公判

[有料会員限定]

【香港=木原雄士】香港の裁判所は1日、香港国家安全維持法の国家政権転覆罪で起訴された47人の初公判を開いた。同法は起訴後の保釈を厳しく制限しており、服役中の黄之鋒(ジョシュア・ウォン)氏を含めた主要民主派の拘束が年単位で続く可能性が出てきた。

裁判所が1日に公表した検察の文書によると、47人は2020年に予定されていた立法会(議会)選挙で過半数を握り、あらゆる予算案に反対して行政長官を辞任に追い込...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り706文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン