/

テンセント、楽曲独占を解除へ 音楽会社に申し出

【広州=比奈田悠佑】中国のネットサービス大手、騰訊控股(テンセント)は8月31日、音楽会社と結んでいる楽曲の独占的な利用契約について解除を進めていると発表した。規制当局が7月に下した同社への是正指示に応えるものだ。音楽配信事業は楽曲の囲い込みによるサービスの差異化が難しくなり、新たな軸の競争力が求められている。

テンセントと傘下の音楽配信会社、テンセント・ミュージック・エンターテインメント・グループが連名で発表した。楽曲の大本の権利を持つ契約先に対して、これまで結んでいた独占契約をできるだけ早く解除することを申し出た。大部分の契約先とは既に契約解除が済んでいるという。

独占禁止法などを管轄する国家市場監督管理総局は7月下旬、テンセントに対して、同社が独占的に持つ楽曲の配信権を是正するよう命じた。当局はテンセントが2016年に中国で実施した音楽配信大手の買収を問題視しており、買収により同社が同国の音楽配信市場における利用者数や利用時間で8割超のシェアを握るようになったとする。

従来、楽曲ラインアップの充実は音楽配信業界における競争軸だった。ただ楽曲の独占的利用に当局のメスが入ったことで、今後は新たなサービスの開発が求められる。アーティストのファン同士の交流を盛り上げるSNS(交流サイト)機能など消費者のニーズを改めて探ることが不可欠だ。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン