/

この記事は会員限定です

米政府の開示要求、韓国半導体が苦悩 期限まで1週間

[有料会員限定]

【ソウル=細川幸太郎】米政府が世界の半導体メーカーなどに顧客情報や在庫情報の提出を求める期限まで残り1週間となった。サムスン電子とSKハイニックスは韓国政府と協議を進めるものの、対応策は定まらない。米国の競合企業に機密情報が漏洩すると警戒する声もあり、韓国企業の悩みは深まっている。

米商務省は9月24日に半導体サプライチェーン(供給網)正常化のためとして、半導体メーカーなどに半導体の販売実績、主...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り670文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン