/

中国「対話で解決策模索」 米の上場審査厳格化で

中国配車アプリの滴滴出行は米上場後、中国当局の審査をうけ株式時価総額が大幅に減った=ロイター

【北京=川手伊織】中国証券監督管理委員会(証監会)は1日、米証券取引委員会(SEC)が米国上場を目指す中国企業の審査を厳格化することについて報道官談話を発表した。「両国の監督当局がこの問題をめぐる対話を深めて、適切な解決策を探し出すべきだ」と呼びかけた。

SECは7月30日、審査の段階でリスクの明示などを求めると発表した。中国政府による突然の規制強化や政策変更で、米国の投資家が損害を被るリスクが高まっているためだ。

海外へのデータ流出を警戒する中国当局は、中国企業の海外上場に対する監督を強化する方針を打ち出している。当局の審査を受けた中国配車アプリ最大手の滴滴出行(ディディ)などは時価総額が大幅に減少した。

証監会の報道官は監督強化の目的を「経済成長と国家安全保障を両立させ、企業の持続的な安定成長を促すことだ」と強調した。そのうえで「関係部局と密接にコミュニケーションをとり、政策の透明性と予見可能性をさらに高める」と語った。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン