/

この記事は会員限定です

「紅い中央銀行」と王岐山氏 北京ダイアリー 

中国総局長 高橋哲史

[有料会員限定]

きょう2月1日は「紅(あか)い中央銀行」の誕生日である。

89年前のこの日、中国人民銀行の前身である「中華ソビエト共和国国家銀行」が江西省の瑞金で産声を上げた。建国の父と呼ばれる毛沢東が1931年11月に、この地で農民を中心とする「国家」の樹立を宣言した3カ月後だ。

国家を名のる以上、そこで流通する通貨が必要になると考えたのだろう。毛は臨時政府が動き出すとすぐに、通貨の発行を担う中央銀行の設立を指...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1214文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン