/

歴史問題「被害者中心の立場で解決」 韓国大統領が演説

1日、「三・一運動」の式典で演説する文在寅大統領=聯合・共同

【ソウル=恩地洋介】韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は1日、日本統治下の1919年に起きた最大の抗日独立運動「三・一運動」を記念する式典で演説した。元徴用工や元慰安婦を巡る日本との歴史問題に関して「被害者中心主義の立場で、賢明な解決策を模索する」との考えを示した。

元徴用工訴訟は、原告が差し押さえた日本企業資産の現金化が迫っている。元慰安婦訴訟は日本政府に賠償を命じる判決が1月に確定した。文氏は「いつでも日本政府と向き合い、対話する準備ができている」と述べたが、具体的な解決策には触れなかった。

「被害者中心主義」は文政権が発足以来、維持してきたスタンスだ。文氏は演説で改めて「被害者たちの名誉と尊厳を回復するためにも最善を尽くす」と語った。

日本との関係については「互いにとても重要な隣国だ。韓国の成長は日本の発展を支え、日本の成長は韓国の発展を支えた。これからもそうだろう」と言及した。懸案を巡っては「過去の問題は過去の問題として解決していく一方、未来志向的な発展に力を注がなければならない」と述べた。

東京五輪の開催へ協力する姿勢も示した。「東京五輪は韓日、南北、日朝、米朝の対話の機会になり得る」と語り、新型コロナウイルスの収束に向けた協力関係を築く契機にしたいと訴えた。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン