/

イラン、米との会合不参加 制裁解除動きなく反発

イラン核合意当事国と米国との非公式会合では米イランの対話再開が期待されていた=ロイター

【テヘラン=共同】イラン外務省報道官は28日、イラン核合意当事国に米国が加わった非公式会合にイランは参加しないとの考えを表明した。バイデン米政権が対イラン制裁の解除に向けた具体的な動きを見せていないことに反発したとみられる。

欧州連合(EU)がイランに参加を打診し、米国も対話を呼び掛けていた。多国間協議の場で、米イランの対話が再開することが期待されていたが、当面は米イラン対立の構図が続く見通しになった。

報道官は声明で「最近の米国や欧州3カ国(英仏独)の行動を考えると、EUが提案した非公式会合を開く適切なタイミングではないと考える」と述べた。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン