/

この記事は会員限定です

「中国のハワイ」海南島、関税ゼロで香港代替狙う

[有料会員限定]

【広州=川上尚志】中国南部のリゾート地、海南島が「関税ゼロ」を売り物に中国内外の企業誘致に乗り出している。同島では2025年にも原則すべての関税をなくすほか、所得税や住民税の減免も段階的に進める計画だ。同じ南部に位置する香港の国際的な地位が揺らぐなか、中国政府は海南島を外資呼び込みの新たな窓口とする狙いだ。

「中国本土で買うよりも断然お得ですよ」。20年11月、海南島にある免税店の1つ「日月広場」...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1481文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン