/

この記事は会員限定です

インド、農業改革に反発広がる モディ政権に試練

収入減少に不安、首都で大規模デモ続く

[有料会員限定]

インドで農業改革の新法をめぐり農民の反発が広がっている。農産物取引の自由化で収益が減る恐れがあるとし、首都で数千人の大規模なデモが1週間以上続く。インドは就業人口の半数が農業に従事し、農業保護のため東アジアの地域的な包括経済連携(RCEP)から離脱した経緯もある。モディ政権が進めてきた経済改革路線は大きな試練を迎えている。

首都ニューデリーでは11月下旬から近隣のハリヤナ州やパンジャブ州から来た農...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1372文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン