/

この記事は会員限定です

米ガソリン需要、行楽期で復調 価格上昇世界に波及

編集委員 志田富雄

[有料会員限定]

5月、石油パイプラインへのサイバー攻撃で世界最大の規模を持つ米国のガソリン市場は一時、混乱した。ただ、ワクチン接種が進むにつれて人の移動が増え、需要は新型コロナウイルスの感染が拡大する前の上昇カーブの軌道を取り戻しつつある。米原油先物は今週、期近取引が1バレル70ドルに迫る2年7カ月ぶりの高値を付けた。5月末のメモリアルデーから始まった本格的なドライブシーズンで元通りの勢いが回復すれば、原油相場を...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1993文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン