/

「やさしい経済学」まとめ読み【働き方編】

日本経済新聞朝刊経済教室面のコラム「やさしい経済学」は、経済に関連する幅広いテーマを取り上げ、気鋭の研究者の方々が様々な視点からわかりやすく解説しています。「経済」初心者の方も、それぞれのテーマに関連した動きの現状や課題、今後の方向性などを一通り学べる内容です。今回は「働き方」に関連した最近の連載を取り上げます。

幸せ中心社会への転換

人々の「幸福」を中心とした経済への転換が求められる時代になり、日本でも社員の「幸福」を重視する会社が増えています。幸福度は創造性や生産性とも関係があることがわかっています。幸福と経済や会社経営、社会との関係について考えます。

進化する健康経営

「健康経営」への関心が高まっています。従業員の健康と生産性を両立するにはマネジメントの発想が欠かせません。健康に関する取り組みの中で、職場のマネジメント自体を見直そうという会社も増えています。

日本型雇用、改革の行方

かつて「高度成長を支えた」ともいわれた日本型の雇用・賃金制度が大きな曲がり角を迎えています。背景にはデジタル化やグローバル化に伴う大変革があります。これからの雇用・賃金制度はどうなるのでしょうか。

副業時代を考える

政府の方針もあって、「副業」を認める企業が増えています。副業は新たな人的ネットワーク構築につながりイノベーションに有効、との声も聞かれます。副業は果たしてイノベーションに有効で、社員のスキル向上にも役立つのでしょうか。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン