/

この記事は会員限定です

エアコン大の「どこでもCO2回収装置」 九州大が挑む

科学記者の目 編集委員 滝順一

[有料会員限定]

2050年に二酸化炭素(CO2)排出を実質ゼロにするには大気中からCO2を分離・回収するネガティブ・エミッション(負の排出)技術が不可欠だ。九州大学カーボンニュートラル・エネルギー国際研究所の藤川茂紀准教授らはエアコンくらいの大きさで場所を選ばずに導入できる「ユビキタスCO2回収」という新発想の技術を提唱している。

――薄い膜でCO2を分離するのですか。

「そうだ。世界で試みが始まっている大気中の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1426文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン