/

この記事は会員限定です

雨森芳洲に見る日韓関係、「欺かず、争わず」今こそ

[有料会員限定]

「人間という存在に対する限りない優しさであるといえるだろう」。江戸時代、対馬藩に仕えた雨森芳洲(あめのもり・ほうしゅう、1668~1755)の人柄の特徴を司馬遼太郎は、こう残した。将軍の代替わりに訪れた500人の外交団「朝鮮通信使」の応接役として、堪能な語学を操り、友好を旨として職務にあたった。今の日韓関係へも多くの示唆を与える。

芳洲は滋賀県長浜市高月の生まれ。今も「雨森」の名を冠した集落が残る...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り884文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン