/

この記事は会員限定です

反物質の操作に世界初の成功 日本など国際研究グループ

[有料会員限定]

通常の物質と電気的な性質が反対となる「反物質」を、レーザー光を使って操作する世界初の実験に、日本人研究者が主導する国際研究グループが成功した。水素原子の反物質である「反水素」を絶対零度近くの極低温に冷却することができた。謎の多い反物質の性質を解明する重要なステップになるという。

実験は、百瀬孝昌・カナダ・ブリティッシュコロンビア大学教授、藤原真琴・カナダTRIUMF研究所上席研究員らが参加する研...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り585文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン