/

この記事は会員限定です

信頼革命に宿る「神の目」 正直は最善の商略なり

編集委員 田中陽

[有料会員限定]

信頼、信用。

4月1日、全国で開かれた入社式で、多くのトップが口にしたのがこの言葉。不祥事が最近あればなおさらだ。それでなくても経済活動に欠かせない最低限の約束事をこれから社会人生活を送る新人は神妙に聞き、心を新たにしたはずだ。

だが残念ながら清らかな決意は組織の風土がそうさせるのか、いつしか脇へ追いやられることがある。利己心が頭をもたげた粉飾決算や、検査データ、表示の改ざんなどに手を染める。不...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1022文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン