/

この記事は会員限定です

人類の課題解決につながる研究を、英大手科学誌編集長

科学記者の目 編集委員 滝順一

[有料会員限定]

英学術出版大手のシュプリンガー・ネイチャーは近年、伝統的な自然科学の領域を越えて、環境やエネルギー、食料といった地球環境の持続可能性に関わる研究論文の出版に力を入れている。シュプリンガー・ネイチャーグループにおいて横断的なコンテンツづくりを担うフィリップ・キャンベル編集長に、科学出版の視点からみた持続可能性や新型コロナウイルス感染症について聞いた。

――持続可能な開発目標(SDGs)達成に向け、科...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2388文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン