/

この記事は会員限定です

グローバル回転ずしの夢 日本発のマックは可能か

編集委員 中村直文

(更新) [有料会員限定]

和食の「権八」やイタリアンの「カフェ ラ・ボエム」などを展開するグローバルダイニングは3月22日、時間短縮営業の命令が違憲だとして東京都を訴えた。無力感と理不尽さに打ちひしがれた外食企業を象徴する出来事だ。

飲食で新型コロナウイルスの感染が拡大しやすいのは確かだが、天災のような出来事で、企業が「営業権」を奪われたのも事実。補償のあり方や客観的なデータなど、外食産業が納得できる施策が乏しかったことは...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2011文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン