/

この記事は会員限定です

衣料由来のゴミをゼロに 渡邊智恵子氏

アバンティ会長

[有料会員限定]

私たちの会社は環境への負荷が低いオーガニックコットン(有機栽培綿)をもとに、流行に左右されず長く着られる服や日用品を作り販売してきた。近年、生産や流通などでアパレル産業全体から生まれるゴミの増加が見過ごせないレベルになっている。今後のライフワークとして、ゴミがゼロに近づくよう、微力ながら業界に働きかけていきたい。

まず生産過程から生まれる廃棄物の削減だ。紡績工場で排出される短い「落ち綿」や縫製時に...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り940文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン