/

この記事は会員限定です

コロナが促す地方議会改革 オンライン審議じわり

[有料会員限定]

新型コロナウイルスの感染拡大が地方議会を揺さぶっている。昨年、一般質問などを取りやめた議会が相次いだ一方で、議会運営の新たな姿を模索する動きも広がっている。カギはICT(情報通信技術)の活用だ。コロナは地方議会の改革を促している。

コロナ禍を機にICT導入を一気に進めている議会がある。茨城県取手市議会だ。

2020年12月の定例会。取手市議会では3つの常任委員会などに議員がオンラインで参加し、議案...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2001文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン