/

この記事は会員限定です

増える大学の付属校 入試の一般枠維持を

安田理・安田教育研究所代表

[有料会員限定]

大学が付属校を増やすなどして入学者を早期に確保する傾向が強まっている。入試事情に詳しい安田教育研究所の安田理代表は、入学機会が少数の高校の生徒に偏りかねないと指摘する。

2021年の大学入試は大学入試センター試験から大学入学共通テストへの移行、新型コロナウイルス禍による直前の選抜方法の変更、受験生の指定校推薦へのシフト、首都圏私立大の大幅な志願者減などで大揺れだった。

これらは今年度特有の現象...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2253文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン