/

この記事は会員限定です

中国企業封じ込め、逆効果 ウィリアム・ブラットン氏

元HSBCアジア太平洋株式調査責任者

[有料会員限定]

欧米の通信機器メーカーなどは2000年代の初めごろ、中国大手の華為技術(ファーウェイ)を軽んじ、慢心しているようにみえた。欧米企業は、自社の卓越した技術により何十年も優位性を維持できるととらえていたが、致命的な誤りだった。欧米はいまになって必死にファーウェイの影響力を抑えようとしているが、中国の技術力を過小評価するとどうなるかという一つの答えだろう。

欧米勢は様々な業界で、中国市場へのアクセスを確...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1535文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン