/

この記事は会員限定です

国民負担リスクも 日銀、ETFの高値購入を回避

編集委員 清水功哉

[有料会員限定]

「損益分岐点は日経平均株価で2万1000円程度」――。日銀の黒田東彦総裁は1月27日の参院予算委員会で、市場心理改善などのために購入してきた上場投資信託(ETF)についてこう語った。日経平均が2万1000円程度を下回ると、現時点で簿価が約35兆円、含み益は12兆~13兆円程度の保有ETFに含み損が生じるということだ。1年前に損益分岐点は1万9000円程度だったとみられ、それが上がってきたことは日銀の財...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1247文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン