/

この記事は会員限定です

「菜種梅雨」なく初夏の陽気に

編集委員・気象予報士 安藤淳

[有料会員限定]
■天気のなぞ 今年の春は全国的に高温傾向が続き、「菜種梅雨」と呼ばれる冷たい雨の降る期間もほとんどないまま初夏へ向かいそうな気配だ。その間にラニーニャ現象も終わり、太平洋高気圧が日本の南海上に張り出して6月早々には梅雨入りするところも多いとみられる。高気圧の縁をまわる湿った空気が南海上から流れ込む影響で、西~東日本は梅雨入り早々に豪雨が発生しやすくなる可能性もある。出水期の前に備えが必要だ。

日本の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1072文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン