/

この記事は会員限定です

資本主義の進化を考える(7) 明治の近代化を巡る論争

東京大学准教授 野原慎司

[有料会員限定]

欧米の資本主義と日本の資本主義には異なる点もあります。この違いについて、比較経済史などは経済社会の実態における違いに即して研究を進めていますが、少なからぬ経済学史家は、経済についての理解の相違をもとに、日本と欧米の資本主義の違いを探ろうとしてきました。

戦後の経済学史の中心人物の一人である、内田義彦(1913~89年)は、西欧における資本主義の形成・発展を研究する一方で、それとは異なる日本の資本主...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り646文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン