/

この記事は会員限定です

株高は歓迎されているのか 「赤信号」無視、格差も拡大

編集委員 前田昌孝

[有料会員限定]

日経平均株価は12月29日に約30年4カ月ぶりの高値を更新したが、この強さが本物かどうかは異論があるかもしれない。多くの個人投資家が保有する22銘柄の株価水準はまだ2019年末水準を9.4%も下回っているからだ。感染者数の増加が生み出した緩和マネーは割高銘柄をより高く、割安銘柄をより安く導いた。貧富の格差は広がり、バブル崩壊懸念も募るなど、いびつな株高は問題含みだ。

日経平均の年初来上昇率は16....

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1927文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン