/

この記事は会員限定です

働き方改革へ個人の価値向上を 古市克典氏

Box Japan社長

[有料会員限定]

これまでの働き方改革は企業主導のもと、残業時間削減や有給休暇の取得促進によって生産性向上や人件費削減を目指してきた。制度の改善により労働時間はかなり短縮された。しかし子育てや介護などのために用意されている社内制度を気兼ねなく個人都合で使えるような状況には至っていない。

働き方改革をさらに進めるには個人が各自の価値を高め、企業との力関係を対等にする必要がある。双方が相手を選べるような関係性を作るので...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り976文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン