/

この記事は会員限定です

資本主義の進化を考える(1) スミスが考える「交換」の基本

東京大学准教授 野原慎司

[有料会員限定]

これから10回にわたり、経済学史の観点から資本主義とは何かを考えます。

経済学史は過去・現在の経済学者の経済理論および、その思想的・時代的背景を捉えることです。経済理論は多かれ少なかれ、人々の経済についての考えに結びつき、経済政策にも大きな影響を与えます。特定の経済理論に影響を受けたつもりのない人も、経済については何かしらの考えを持ちます。その考えと類似したものは過去・現在の経済学者にも見いだせま...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り627文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン