/

この記事は会員限定です

クボタ、大阪湾岸に巨艦研究所 世界耕す環境技術へ

編集委員 竹田忍

[有料会員限定]

クボタが10月26日、堺市の臨海部に約840億円を投じた「グローバル技術研究所(KGIT)」の開所式を開いた。34万6000平方メートルの敷地に、延べ床面積13万8000平方メートルという大規模研究所を設け、堺市や大阪府枚方市、兵庫県尼崎市の工場に分散していた約2500人の研究者や技術者を集めた。

同様のコンセプトで先行したのはダイキン工業だ。2015年11月に「テクノロジー・イノベーションセン...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2284文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません