/

この記事は会員限定です

太陽を追ってパネルが動く 農地のための発電システム

編集委員 吉田 忠則

[有料会員限定]

再生可能エネルギーの普及を進める政府の方針を追い風に、太陽光発電の設備を農地に建てるケースが増えている。パネルの設置は売電事業などを通して農地の収益性を高める半面、作物の成長を妨げかねないという課題もある。今回はそれを解決する可能性を秘めた新しいシステムを紹介したい。

茨城県行方市の郊外にある農業地帯。広さ3000平方メートル弱の畑の上に、その太陽光発電の設備はあった。鉄製の骨組みに設置したパネ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1397文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

食の進化論

農政から先進農家、スマート農業、植物工場、さらにカリスマシェフや外食チェーンなど「食と農」に関するテーマを幅広く取材してきた。著書に「見えざる隣人」「農は甦る」「コメをやめる勇気」「農業崩壊」。中国の駐在経験も。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン