/

この記事は会員限定です

知財とDX・ESGは表裏一体 企業は二兎追え

編集委員 渋谷高弘

[有料会員限定]

企業が無形資産を意識した経営に取り組む際に参考にする政府の「知財・無形資産ガバナンスガイドライン」が1月28日、決定した。DX(デジタルトランスフォーメーション)やESG(環境・社会・企業統治)に追われる企業は「知財は後回しだ」と思うかもしれないが、それは誤りだ。どんな企業もDX、ESGを進めると知財・無形資産の問題に突き当たる。

政府がガイドラインを策定したのは、2021年6月に東京証券取引所...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2228文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン