/

この記事は会員限定です

日経平均「3万円」後の道筋 「見えざる価値」の発信を

編集委員 小平龍四郎

[有料会員限定]
think!多様な観点からニュースを考える

2021年。世界の株式市場は静かな強気に包まれている。景気回復と緩和的な金融政策が併存する現状は、リスク資産への投資にうってつけの環境だ。ある程度の株価上昇は市場のコンセンサス。問題はその後に株高が加速するか失速するか、だ。日本にひきつけて考えれば、日経平均株価が3万円を回復した後のストラテジーが問われる。

「リスク資産にとって最良の1年」

国際通貨基金(IMF)の見通しによれば、世界の経済成長...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2721文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン