/

この記事は会員限定です

ESG時代に響く宇沢弘文「社会的共通資本」の思想

編集委員 小平龍四郎

[有料会員限定]

7年前に死去した経済学者、宇沢弘文の思想が静かに見直され始めた。健全で持続可能な経済活動を支える「社会的共通資本」の考えは世界的な資本主義見直しの思潮のなかで、投資家に有益な視座を提供している。ESG(環境・社会・ガバナンス)関連の情報開示や会計制度の見直しとも通底している。

東急東横線の代官山駅にほど近いイベントスペースで、2020年9月から21年1月にかけて「宇沢弘文を読む――社会的共通資本か...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2669文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

日経ヴェリタス

経済・マーケットの今を深く知る。資産運用ビギナーから投資のプロまで、投資にかかわるすべての方に「確かなモノサシ」となる情報を発信します。

日経ヴェリタス

経済・マーケットの今を深く知る。資産運用ビギナーから投資のプロまで、投資にかかわるすべての方に「確かなモノサシ」となる情報を発信します。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン