/

この記事は会員限定です

研究開発DX、成果素早く 仮想空間や秘密計算活躍

研究開発DX(上)

[有料会員限定]

大学や企業などの研究開発の現場で、研究スピードを一変させるDX(デジタルトランスフォーメーション)の導入が進んでいる。共同研究や実験がリモートで実施され、研究手法もAI(人工知能)技術や高度なシミュレーションによって変わりつつある。新型コロナウイルス感染症など環境変化をテコに研究開発のニューノーマル(新常態)を模索している。

宇宙論や素粒子物理学、数学などの研究者約280人(併任を含む)を擁する...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1779文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません