/

この記事は会員限定です

公立病院の役割の再評価を 伊藤善典氏

埼玉県立大学教授(社会政策)

[有料会員限定]

新型コロナウイルス感染者数の急増を受け、東京都などに2回目の緊急事態宣言が発出されている。その背景には病床の逼迫による医療崩壊への懸念がある。では、なぜ病床が逼迫するのだろうか。

国際的にみると日本の人口あたりの病床数は突出して多いが、新型コロナの感染者を受け入れない病院が多く、資源が生かされていない。欧州諸国では病床数は少ないが、日本程度の患者数であれば余裕で対応できる。つまり病床の多寡ではなく...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り967文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン