/

この記事は会員限定です

官僚人事の憲法論 政治主導と中立性は両立するか

編集委員 清水真人

[有料会員限定]

2021年度予算が成立し、首相官邸と各府省は夏の幹部人事に向けた調整を本格化する。選挙で選ばれた国会の多数派を背にする首相・内閣が次官や局長らの人事権を実質的に握る。これが安倍晋三前内閣からの流れだ。官僚制への民主的な統制と、中立性や専門性の維持とのバランスをどう測るのか。憲法論まで立ち戻って再考する。

首相就任後も菅氏のこだわり

3月15日の参院予算委員会。首相の菅義偉が著書「政治家の覚悟」で...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2907文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン