/

この記事は会員限定です

コロナ入試が残した課題 問われる個別試験の意義

[有料会員限定]

新型コロナウイルス禍のさなかで行われた大学の2021年度入試。出願受け付け開始後に個別試験中止を決めるなど異例の対応が相次いだ。コロナ入試が残した課題を考える。

「今年度は入試ができない可能性がある」。昨年の春以降、多くの大学関係者から不安の声を聞いた。結果として入試は「できた」ことになるのだろう。だがその実態は異例ずくめだった。

文部科学省の2月26日現在のまとめによると、緊急事態宣言などを受け...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2084文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン