/

この記事は会員限定です

巨大IT規制、独禁法に仕掛けを 伊永大輔氏 

東京都立大学教授(経済法)

[有料会員限定]

総合オンラインモールなどプラットフォーム事業者が取引先に不透明な条件を強いる行為が問題になっている。2月1日施行の「デジタルプラットフォーム取引透明化法」には、取引条件の開示や明確化を通じて公正な取引環境を整える規制として期待がかかる。

しかし、透明化法も万能ではない。開示された取引条件が不公正だったとしても、直ちに開示義務違反になるわけではなく、執行面には不安もある。この執行面を補うのが独占禁止...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り961文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン