/

この記事は会員限定です

ガバナンス改革 焦点を聞く④ 社外役員、真剣なら多忙  三和裕美子・エーザイ社外取締役

[有料会員限定]

――2020年6月にエーザイの社外取締役に就任されました。同社のガバナンス(企業統治)について、どのように評価していますか。

高く評価している。取締役11人のうち独立社外取締役は7人で過半数を占める。通常の日本企業だと最高経営責任者(CEO)が兼務しがちな取締役会議長も、社外取締役が務めている。執行を監視する上で意義は大きい。

指名など法定3委員会以外に、任意の「ガバナンス委員会」を置いていることも評価で...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り908文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン