/

この記事は会員限定です

情報の影響力、SNSより人間心理が増幅 佐藤卓己氏

パクスなき世界 京大教授

[有料会員限定]

SNS(交流サイト)で飛び交うフェイクニュース(偽情報)が世界を揺らし、新型コロナウイルス対策として情報統制に乗り出す国家も相次ぐ。情報や新技術とどう向き合えばいいのか。メディア史を専門とする京都大の佐藤卓己教授に聞いた。

――今年1月に米連邦議会議事堂が一時占拠された事件では、陰謀論や偽情報などが問題視されました。

「偽情報だけのせいで暴動が起きたとはいえない。暴徒が議事堂に突入したのは、米大統領選の結果に対する怒りが発端だと考える方が自然だ。SNS上の偽情報や陰謀論以前に、情報に接した...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1381文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

パクスなき世界

新型コロナウイルスの危機は世界の矛盾をあぶり出し、変化を加速した。古代ローマの平和と秩序の女神「パクス」は消え、価値観の再構築が問われている。「パクスなき世界」では、どんな明日をつくるかを考えていく。

速報

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン