/

この記事は会員限定です

「安定通貨」米で規制強化論 デジタルドルの行方に波及

編集委員 西村博之

[有料会員限定]

ドルなど実態のある資産に裏打ちされた暗号資産(仮想通貨)の一種「ステーブルコイン(安定通貨)」の規制強化論が米国で浮上している。ドルと連動する人気のステーブルコインで安全性が疑問視されているためだ。米連邦準備理事会(FRB)が発行の是非をさぐる「デジタルドル」の行方とも絡み、今後の金融のあり方に影響を及ぼす可能性がある。

Nikkei Views

編集委員が日々のニュースを取り上げ、独自の切り口で分析します。

ステーブルコイ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1476文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン